お知らせ

「土木学会デザイン賞2021」において優秀賞を受賞しました!

町田市、東急株式会社、東急電鉄株式会社が連携・共同し推進する南町田拠点創出まちづくりプロジェクト(以下、本プロジェクト)のエリアである、「南町田グランベリーパーク」(以下、本地区)が、土木学会デザイン賞2021において、優秀賞を受賞しました。

土木学会デザイン賞は2001年に創設された公益社団法人土木学会景観・デザイン委員会が主催する顕彰制度です。公募対象を広く土木構造物や公共的な空間に求め、計画や設計技術、制度の活用、組織活動の創意工夫によって周辺環境や地域と一体となった景観の創造や保全を実現した作品およびそれらの実現に貢献した関係者や関係組織の顕彰を行っています。土木学会デザイン賞2021では、全国から応募のあった20件の取組事例の中から、最優秀賞2件、優秀賞5件、奨励賞4件が選定されました。

本地区は、官民一体で取り組んだシームレスなまちの構造と、質の高い空間整備やグリーンインフラの取組が高く評価されました。

 

町田市・東急・東急電鉄共同レター2021年12月9日(PDF・987KB)