“みなみまちだをみんなのまちへ”地域のみんなで盛り上げるまちづくり

~まちづくりワークショップ「南町田のまちのがっこう」参加経験者に聞く~

町田市、東急株式会社、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツの3者による、官民連携で創り上げる新しいまち「南町田グランベリーパーク」が、2019年11月13日(水)にいよいよ「まちびらき」を迎えます。

新たなまちには、約240店舗が出店する商業施設「グランベリーパーク」、まちの玄関口となる「南町田グランベリーパーク駅」と、緑豊かな憩いの場「鶴間公園」に加え、商業施設と公園の中間に位置する「パークライフ・サイト」には、スヌーピーミュージアム(12月14日(土)開館)、PEANUTS Cafe(ピ-ナッツカフェ)、まちライブラリー、児童館「南町田子どもクラブつみき」がオープンするなど、3者が共創することで実現する、魅力的な空間や施設が顔を揃えます。

本プロジェクトは、郊外都市が直面する少子高齢化、人口減少など社会的課題の解決に向け、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出す試みですが、その一環として、地域の方々みんなにとって、南町田が楽しく大切なまちとなり、「自分ゴト」としてまちづくりに関わってもらうことを目的に、2016年度から2018年度まで、3つのワークショップを実施してきました。

これまでのまちづくりワークショップの紹介はこちらをご覧ください。

minamimachida-007

一覧