お知らせ

南町田グランベリーパーク 2019年11月に「まちびらき」決定

~グランベリーパーク、鶴間公園、パークライフ・サイトの一部施設は11月、スヌーピーミュージアムは12月にオープン~

町田市、東京急行電鉄株式会社、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツの3者は、官民連携で開発を進める「南町田グランベリーパーク」(以下、本計画)について、2019年11月に新しい駅、商業施設、公園などが「まちびらき」を迎えるとともに、続く12月に「スヌーピーミュージアム」を開館することを決定しました。また、新しいまちのロゴマークを発表します。

鳥瞰パース
本計画は、田園都市線南町田駅の南側に広がる鶴間公園と旧グランベリーモール跡地を中心とする約22ヘクタールのエリアについて、官民が連携して、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出す、まちづくりプロジェクトです。約230店舗が出店する商業施設の開発、新しいまちの玄関口となる駅や、緑豊かな憩いの場の都市公園のリニューアルに加え、商業施設と公園の中間に位置する「パークライフ・サイト」には、スヌーピーミュージアムが開館します。
本年11月のまちびらきに合わせて、商業施設の全店舗と公園、およびパークライフ・サイトの「まちライブラリー」、カフェ、子どもクラブが開業し、スヌーピーミュージアムは12月に開館します。
まちのロゴ本計画のロゴマークは、大空に向かって伸びやかに育つ大きな樹をモチーフとしています。駅と商業施設、公園がシームレスに繋がり、まち全体がまるでひとつの「パーク(公園)」のような、自然と賑わいが融合した新たなまちの魅力を表現しています。ロゴマークを彩る4色には、自然の豊かさを表す「フォレストグリーン」、ゆとりや憩いを表す「ナチュラルグリーン」、人々の笑顔や温もりを表す「ヒューマンイエロー」、発見と驚きを表す「サプライズピンク」の意味が込められています。また、7つのダイヤは商業施設内の7つの広場を象徴しています。

鉄道駅に直結して都市公園と商業施設が隣り合う南町田ならではの環境を最大限に活かし、多世代がいきいきと過ごす、持続可能な生活空間になることを目指します。
本計画についての詳細は別紙のとおりです。

以 上

詳細はこちらです。

お知らせ一覧