新たな商業施設の姿

商業施設建替事業のコンセプト

生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~

「街歩きの楽しさを感じられる買物空間」と「食」「遊び」「ライフスタイル」などをテーマにした体感型施設「くらしのエンターテイメント空間」を備えた商業施設、豊かな自然を感じながら異なる楽しみ方ができる7つの広場で構成されます。

建物概要

敷地は、駅前街区と中央街区の大きく2つに分かれています。延床面積・店舗区画は、これまでのグランベリーモールの約2倍となります。

建物計画の考え方

周辺への景観に配慮し、店舗は2~3層の低層とし、沿道建物は敷地から後退させます。また高さのある立体駐車場は敷地中央に配置し、周囲を低層の店舗で囲みます。
また、都市計画で地区施設に位置付けられている商業の屋外モールは常時開放とし、周辺地域と南町田駅とを結ぶことで、安心して通行できる安全な歩行者空間としていきます。

駐車場・駐輪場計画の考え方

立体駐車場を敷地中央に配置することで、敷地内での来店車両の滞留長を確保します。
駐車場は、2,030台(別途、隔地駐車場103台予定)、駐輪場は1,062台を予定しています。

駐車場・駐輪場計画の考え方

交通計画の考え方

来退店ともに、国道16号ロータリー、新設道路や地区内幹線道路へと誘導することで、住宅地内への流入を抑えます。