パークライフ・サイト


パークライフ・サイトは、まちの中央に位置し、ミュージアム棟とパークライフ棟、広場、遊歩道で構成されています。施設内には、ミュージアム、まちライブラリー、子どもクラブ、カフェ、ワークショップスペースを備え、新しいまちの中心として、子どもから大人まで幅広い世代が活動し、つながりの場としていきます。
パークライフ・サイト全体平面図(PDF・1,416KB)


まち名称を「南町田グランベリーパーク」に決定しました [2018.03.22]
南町田グランベリーパークに「スヌーピーミュージアム」が開館します[2018.08.16]

ミュージアム棟

スヌーピーミュージアム

2018年9月に閉館した六本木のスヌーピーミュージアムが、規模を約2倍にして南町田グランベリーパークにやってきます!50年にわたり、新聞で連載した「PEANUTS」の原作者チャールズ.M.シュルツ氏のことを紹介しながら、彼の描いた「PEANUTS」の原画を楽しく、魅力的なテーマ演出で展示していきます。また、町田市が取り組む「えいごのまちだ事業」と連携し、子どもたちが楽しみながら英語を学べるオリジナル企画にも取り組みます。
【スヌーピーミュージアム】

六本木のスヌーピーミュージアム外観

パークライフ棟

まちライブラリー

みんなでメッセージ付きの本を持ち寄ってつくる、「ゼロから始める、みんなで育てるライブラリー」です。本を読んだ人は、本に付いているメッセージカードに感想を書いて返却します。
また、読書会やトーク、ワークショップなどさまざまなイベントも開催され、本をきっかけに、人と人とのつながりを生み出す地域コミュニティの場をつくります。
まちライブラリー

カフェ

スヌーピーミュージアムが運営するカフェです。

子どもクラブ(小型児童館)

乳幼児から高校生まで、子どもたちが、自由に遊んだり、のんびりしたり、様々に活動するための児童館です。
公園が目の前にあるロケーションは、このまちならでは!ミュージアムとも連携しながら、“ここにしかない児童館”をめざします。子どもクラブ内には、子ども版まちライブラリーも展開します。

パークライフ広場

パラソルが立ち並び、ミュージアム棟、パークライフ棟、シネコン棟それぞれから滲み出す活気を感じながら、読書したり、お茶を飲んだり、思い思いに時間を過ごせる空間です。丘の上にあるこの広場からは、公園の迫力ある緑を見渡すことができます。

いにしえの路

パークライフ広場から公園につながる緩やかな斜面を活用して、この場所で発見された埋蔵文化財(古墳時代の生活の跡)を、“いにしえの路”として紹介していきます。

パークライフ・サイトの断面イメージ